ピカリの学割と乗り換えの場合の料金を解説

元々パックプランがとても安いピカリなのですが、さらに学割キャンペーンや乗り換え割りも存在します。

HPにはこの学割の詳しい料金は記載されていないのですが、先日取材で行ってきた際に調査してきたので、参考までに見てください。
さらにぐっとお得になっていますよ。

ピカリの学割キャンペーンと乗り換えを紹介していきます。


【関連】
ちなみに、取材に行ってきたときのレポートはこちら。
PIKARI(ピカリ)の新宿西口店へ取材体験に行ってきました

学割キャンペーンは、5000円~最大50000円OFFに

では、まずはピカリの学割から詳しく紹介していきます。
以下が学割の場合の料金表です。

回数 通常 学割の価格 割引額
6回 78,000円 73,000円 5,000円OFF!
12回 156,000円 146,000円 10,000円OFF!
15回 195,000円 180,000円 15,000円OFF!
18回 225,000円 205,000円 20,000円OFF!
24回 288,000円 258,000円 30,000円OFF!
30回 330,000円 290,000円 20,000円OFF!
36回 360,000円 310,000円 50,000円OFF!

学割の割引は5000円OFF~最大5万円OFFまで回数によって変わってきます。

6回  → 5000円OFF
12回 → 10000円OFF
24回 → 30000円OFF
36回 → 50000円OFF

になります。最大5万円、万単位で変わってくるので学生さんは使わない手はないですよね。

回数が多いほど学割の恩恵を得られます。
学割には学生証と同意書(未成年の場合)が必要なので事前にきちんと準備しておきましょう。

学割の場合の他社との比較(ピカリ・恋肌・キレイモ)

ピカリの学割はお得なのか?
恋肌とキレイモの学割と比較してみます。

回数 ピカリ 恋肌 キレイモ
6回 73,000円
5,000円OFF!
89,890円
9,980円OFF
106,300円
7,700円OFF
12回 146,000円
10,000円OFF!
170,640円
18,960円OFF
202,900円
25,100円OFF
18回 205,000円
20,000円OFF!
242,550円
26,950円OFF
274,100円
67,900円OFF

調べてみると、割引率に関しては、恋肌やキレイモに負けていることがあるのですが、総額を比べてみると実はピカリが割安です。

もともとのパックプランの料金がリーズナブルなので割引額がその分少し小さいということろですね。

学割プランを使用した総額で比較するとピカリが安いという結論にいたりました。

乗り換えキャンペーンは5000円~6万円のキャッシュバック

ピカリの乗り換え割は最大6万円とかなりお得なのですが、特徴は単純な割引ではなく、施術規定回数消化後のキャッシュバックとなることです。 中途解約時の場合は消化回数分のキャッシュバックになるので注意してくださいね。

回数 キャッシュバック
6回 5000円キャッシュバック
12回 10,000円キャッシュバック
15回 15,000円キャッシュバック
18回 20,000円キャッシュバック
24回 30,000円キャッシュバック
30回 40,000円キャッシュバック
36回 60,000円キャッシュバック

乗り換えキャンペーンは5000円~6万円のキャッシュバックがあります。
キャッシュバックの内容は上の表のとおりです。

乗り換え割の適用条件は他サロンの会員証か契約書の提示が必要になります。

乗り換え割りの場合の他社との比較(ピカリ・恋肌・キレイモ)

乗り換え割のキャッシュバックを他社と比べてみます。
たださっきも言ったとおりPIKARIの場合は、割引ではなく、回数消化後のキャッシュバックになる点は他とは違う点は理解しておきましょう。 なので、単純には比較できないのですが、総額で比べてみると以下のようになります。 対象は、恋肌とキレイモです。

回数 ピカリ 恋肌 キレイモ
6回 73,000円
5,000円OFF!
89,800円
10,000円OFF
95,482円
20,000円OFF
12回 146,000円
10,000円OFF!
169,620円
20,000円OFF
188,892円
25,000円OFF
18回 205,000円
20,000円OFF!
234,500円
35,000円OFF
244,404円
50,000円OFF
最大 60,000円OFF! 50,000円OFF 50,000円OFF

※pikariはキャッシュバックですが、ここではoffと記載してあります

回数をそろえて比較してみるとピカリが安くなる額はそこまで大きくはないようですが、やはり元がリーズナブルなので得なことに変わりありません。最大60000円というのは大きいと思います。

また、ピカリでは、キャンペーン割引の併用は出来ません。

ピカリ公式サイト

【関連記事】
ピカリのメリットデメリットなどほかの記事はこちら
PIKARI(ピカリ)の全身脱毛の特徴まとめと口コミ

PIKARI(ピカリ)の月額制の通い方と注意点~初期費用が少なくて済むのはこちら

このページの先頭へ